コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓矢の道 ユミヤノミチ

2件 の用語解説(弓矢の道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆみや‐の‐みち【弓矢の道】

弓を射るわざ。弓術。
弓矢に関する道義。武道。また武士道。
「―、死を軽んじて名を重んずるを以て義とせり」〈太平記・一〇〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の弓矢の道の言及

【弓道】より

…武士団の勃興により弓矢は馬とともに戦いの場でますます重要視された。武士は〈弓矢執る身〉といわれ,その生き方を〈弓馬の道〉〈弓矢の道〉と称した。鎌倉時代の武士たちは流鏑馬(やぶさめ),犬追物(いぬおうもの),笠懸(かさがけ)などの騎射を盛んに行う一方,百手(ももて)式,大的(おおまと)式,草鹿(くさじし)などの歩射を行った。…

※「弓矢の道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone