コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義賢 ぎけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義賢 ぎけん

1399-1468 室町時代の僧。
応永6年生まれ。足利満詮(みつあきら)の子。将軍足利義持の猶子。山城(京都府)醍醐(だいご)寺の満済のもとで出家,真言をまなび,灌頂(かんじょう)をうける。永享5年醍醐寺座主(ざす),文安5年准三后(じゅさんごう),寛正(かんしょう)4年東寺長者。この間宮中などでしばしば秘法をおこなった。応仁(おうにん)2年閏(うるう)10月2日死去。70歳。通称は後遍智院准后。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

義賢の関連キーワード妖刀物語 花の吉原百人斬り歌麿をめぐる五人の女元禄忠臣蔵 後篇元禄忠臣蔵 前篇遙かなり母の国女優須磨子の恋わが恋は燃えぬ恋や恋なすな恋四宮与吉兵衛新・平家物語大江戸五人男暴れん坊街道夜の女たち祇園の姉妹雪夫人絵図六角氏式目武蔵野夫人芸道一代男おぼろ駕籠佐々木義賢

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義賢の関連情報