コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弔問 チョウモン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐もん〔テウ‐〕【弔問】

[名](スル)遺族を訪問して、くやみを述べること。「関係者が多数弔問する」「弔問客」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうもん【弔問】

( 名 ) スル
死者の遺族を訪れ、悔みを述べること。葬儀に参列して、とむらうこと。 「 -客」 「 -する人が深夜まで続いた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弔問の関連キーワード徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥キョル・テギン(闕特勤)相悔やみ・相悔み朝鮮統一問題十死一生の日味耜高彦根神通夜振る舞い高木 養根セウォル号二階堂行綱石上堅魚大伴郎女死に化粧弔問外交啜り泣き通夜振舞後飾り御清め仮通夜会葬者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弔問の関連情報