コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引っ掻き硬さ ヒッカキカタサ

1件 の用語解説(引っ掻き硬さの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひっかき‐かたさ【引っ×掻き硬さ】

工業材料をはじめとする物質の硬さ(硬度)を測定する硬さ試験の一種。先端部が円錐や三角錐の形状を持つ圧子で、試験材料に一定幅の引っ掻き傷をつけ、その時の荷重を測定し、硬さを数値化して算出するマルテンス硬さや、あらかじめ標準となる硬度が定められた鉱物で試料表面を引っ掻き、傷の有無を調べるモースの硬度計が知られる。引っ掻き硬度

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone