引っ掻き硬さ(読み)ヒッカキカタサ

デジタル大辞泉の解説

ひっかき‐かたさ【引っ×掻き硬さ】

工業材料をはじめとする物質の硬さ(硬度)を測定する硬さ試験の一種。先端部が円錐三角錐の形状を持つ圧子で、試験材料に一定幅の引っ掻き傷をつけ、その時の荷重を測定し、硬さを数値化して算出するマルテンス硬さや、あらかじめ標準となる硬度が定められた鉱物で試料表面を引っ掻き、傷の有無を調べるモースの硬度計が知られる。引っ掻き硬度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android