引受シンジケート団(読み)ヒキウケシンジケートダン

株式公開用語辞典の解説

引受シンジケート団

引受シンジケート団(ひきうけしんじけーどだん)は、「引受シ団」、あるいは「シ団」とも呼ばれている。新たに発行される有価証券を引き受けるための、関係業者の団体のことを指す。よって、引受シンジケート団は、発行有価証券毎にメンバーが異なる。 募集・売出しに際して販売力を強めることと、売れ残りが出る危険を分散させることを目的に組まれる。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android