引受シンジケート団(読み)ヒキウケシンジケートダン

株式公開用語辞典の解説

引受シンジケート団

引受シンジケート団(ひきうけしんじけーどだん)は、「引受シ団」、あるいは「シ団」とも呼ばれている。新たに発行される有価証券を引き受けるための、関係業者の団体のことを指す。よって、引受シンジケート団は、発行有価証券毎にメンバーが異なる。 募集・売出しに際して販売力を強めることと、売れ残りが出る危険を分散させることを目的に組まれる。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひきうけ‐シンジケートだん【引受シンジケート団】

〘名〙 (シンジケートはsyndicate) 公債社債の発行を共同で引き受けるために組織された、銀行・信託会社・証券会社などの団体。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android