コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引張試験 ひっぱりしけん

百科事典マイペディアの解説

引張試験【ひっぱりしけん】

引張試験片に引張荷重を加え,応力とひずみとの関係を測定して弾性率弾性限度比例限度降伏点,引張強さなどを求める材料試験。専用の引張試験機や多目的の万能試験機を用いて行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の引張試験の言及

【材料試験】より

…機械,構造物などを合理的に設計するには,材料の性質をよく知っていることが必要であり,材料試験は工学のもっとも基礎的な部分をなしている。
[材料試験の種類]
 材料試験には,加える荷重の種類によって,引張試験,圧縮試験,曲げ試験,ねじり試験などの区別があり,また荷重の変動のしかたによって,荷重が十分ゆっくり加わる静的試験,繰返し荷重が加わる疲れ試験(疲労試験),衝撃荷重が加わる衝撃試験などの区別がある。さらに,これらの条件の種々の組合せが考えられるので,材料試験には非常に多くの種類があることになる。…

※「引張試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

引張試験の関連キーワードひずみけい(歪計)ひずみ(歪)計材料試験機吉識雅夫弾性延性