引離(読み)ひきはなす

精選版 日本国語大辞典の解説

ひき‐はな・す【引離】

〘他サ五(四)〙
① ひっぱって二つのものを離す。むりに離す。
※太平記(14C後)三七「玉体に取付せ給ひたる楊貴妃の御手を引放(ハナシ)て」
② 後へ続くものとの距離・間隔などを大きくあける。
※スポーツ讚(1949)〈佐々木基一〉「ヌルミは悠々と他の走者を引き離して」

ひき‐はな・る【引離】

〘自ラ下二〙 (「ひき」は接頭語) 離れる。また、別れる。
落窪(10C後)二「いうといななきてひきはなれていぬべき顔したり」

ひっ‐ぱな・す【引離】

〘他サ四〙 「ひきはなす(引離)」の変化した語。
雑兵物語(1683頃)上「馬を能能ひっはなすな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android