雑兵物語(読み)ゾウヒョウモノガタリ

百科事典マイペディアの解説

雑兵物語【ぞうひょうものがたり】

江戸時代の兵法書。2巻2冊。17世紀半ばの成立。松平信興(のぶおき)著というが不明。雑兵30名の功名談,失敗談,見聞談などの形式を借りて雑兵の心得を説いたもの。雑兵教育を目的とするが,文中に江戸時代初期東国語の口語体が用いられており,近世語研究の資料として価値が大きい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうひょうものがたり【雑兵物語】

江戸前期の兵書。2巻。作者(撰者)には松平信興,同輝綱が擬せられているが定説はない。鉄砲足軽,弓足軽,鑓足軽,中間,夫丸(ぶまる)など下卒の兵器操練法や戦時の心得などを,それぞれがその体験,見聞を語るという形式を借りて,口語体で平易に説明している。延宝・天和ごろ(1673‐84)の成立といわれ,兵書,また国語学上の資料として重視されている。1846年(弘化3)刊行され,活字本が岩波文庫にある。【岩沢 愿彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうひょうものがたり【雑兵物語】

兵法書。二巻。作者未詳。1683年以前の成立、1846年刊。雑兵三〇人が東国方言で体験談を語る体裁で、その心得を平易に説く。江戸初期の口語資料として重要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android