コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑兵物語 ゾウヒョウモノガタリ

4件 の用語解説(雑兵物語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぞうひょうものがたり〔ザフヒヤウものがたり〕【雑兵物語】

江戸前期の兵法書。2巻。松平信興著とされる。天和3年(1683)以前の成立。弘化3年(1846)刊。雑兵の話に託し、戦場・武備・武具などの重要事項を口語で記したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雑兵物語【ぞうひょうものがたり】

江戸時代の兵法書。2巻2冊。17世紀半ばの成立。松平信興(のぶおき)著というが不明。雑兵30名の功名談,失敗談,見聞談などの形式を借りて雑兵の心得を説いたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうひょうものがたり【雑兵物語】

江戸前期の兵書。2巻。作者(撰者)には松平信興,同輝綱が擬せられているが定説はない。鉄砲足軽,弓足軽,鑓足軽,中間,夫丸(ぶまる)など下卒の兵器操練法や戦時の心得などを,それぞれがその体験,見聞を語るという形式を借りて,口語体で平易に説明している。延宝・天和ごろ(1673‐84)の成立といわれ,兵書,また国語学上の資料として重視されている。1846年(弘化3)刊行され,活字本が岩波文庫にある。【岩沢 愿彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぞうひょうものがたり【雑兵物語】

兵法書。二巻。作者未詳。1683年以前の成立、1846年刊。雑兵三〇人が東国方言で体験談を語る体裁で、その心得を平易に説く。江戸初期の口語資料として重要。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑兵物語の関連キーワード阿形但秀禅昌半井和年松木満彦弘尊鹿の巻筆戴恩記八代集抄和句解松島半二(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone