コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑兵物語 ゾウヒョウモノガタリ

デジタル大辞泉の解説

ぞうひょうものがたり〔ザフヒヤウものがたり〕【雑兵物語】

江戸前期の兵法書。2巻。松平信興著とされる。天和3年(1683)以前の成立。弘化3年(1846)刊。雑兵の話に託し、戦場・武備・武具などの重要事項を口語で記したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

雑兵物語【ぞうひょうものがたり】

江戸時代の兵法書。2巻2冊。17世紀半ばの成立。松平信興(のぶおき)著というが不明。雑兵30名の功名談,失敗談,見聞談などの形式を借りて雑兵の心得を説いたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうひょうものがたり【雑兵物語】

江戸前期の兵書。2巻。作者(撰者)には松平信興,同輝綱が擬せられているが定説はない。鉄砲足軽,弓足軽,鑓足軽,中間,夫丸(ぶまる)など下卒の兵器操練法や戦時の心得などを,それぞれがその体験,見聞を語るという形式を借りて,口語体で平易に説明している。延宝・天和ごろ(1673‐84)の成立といわれ,兵書,また国語学上の資料として重視されている。1846年(弘化3)刊行され,活字本が岩波文庫にある。【岩沢 愿彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうひょうものがたり【雑兵物語】

兵法書。二巻。作者未詳。1683年以前の成立、1846年刊。雑兵三〇人が東国方言で体験談を語る体裁で、その心得を平易に説く。江戸初期の口語資料として重要。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone