玉体(読み)ぎょくたい

精選版 日本国語大辞典「玉体」の解説

ぎょく‐たい【玉体】

〘名〙 (「」は美称)
① 玉のように美しいからだ。また、尊いからだ。
※百座法談(1110)六月一九日「仰ぎ願は一代教主尺迦牟如来、平等大会、法花経御願、一々に哀愍内受し給て玉躰つつがなく、千秋万才たもたしめ給て」 〔曹植‐美女篇〕
② 特に、天子または貴人のからだ。
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「所以維摩大士疾玉体于方丈、釈迦能仁掩金容于双樹
※平家(13C前)四「上皇は今年御年廿、あけがたの月に映(は)えさせ給ひて、玉躰もいとど美しうぞ見えさせおはしましける」 〔戦国策‐趙策・孝成王〕
③ 相手を敬って、そのからだをいう語。尊体。
※明衡往来(11C中か)下本「自愛玉躰。不風塵之客」 〔後漢書‐桓栄伝〕

ごく‐たい【玉体】

〘名〙 (「ごく」は「玉」の呉音) ⇒ぎょくたい(玉体)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「玉体」の解説

ぎょく‐たい【玉体】

玉のように美しいからだ。
天子または貴人のからだ。
他人を敬って、そのからだをいう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android