コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌルミ Nurmi, Paavo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌルミ
Nurmi, Paavo

[生]1897.6.13. トゥルク
[没]1973.10.2. ヘルシンキ
フィンランドの陸上競技選手。フルネーム Paavo Johannes Nurmi。オリンピック競技大会の 1920年アントワープ大会,1924年パリ大会,1928年アムステルダム大会の 3大会において中距離・長距離種目とクロスカントリー種目に出場し,個人で 6個,団体で 3個の金メダルを獲得した。またその競技生活で 25の世界記録を樹立,1952年のヘルシンキ大会では聖火リレーの最終走者を務めた。(→アムステルダム・オリンピック競技大会アントワープ・オリンピック競技大会パリ・オリンピック競技大会ヘルシンキ・オリンピック競技大会

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヌルミ【Poavo Johannes Nurmi】

1897‐1973
フィンランドの世界的長距離ランナー。1920年の第7回アントワープ・オリンピック大会に初出場,1万mに31分45秒8で優勝して注目された。続く24年の第8回パリ大会では,1500mとその約1時間後のレースとなった5000m,さらにクロスカントリー(約1万m),3000mチームレースの4種目に優勝,〈走る人間機械〉〈鉄人〉〈空飛ぶフィンランド人〉のニックネームがつけられた。28年のアムステルダム大会を含め,通算3回のオリンピック大会で9個の金メダルを獲得,全競技生活にわたって28の世界記録を樹立し,フィンランドをして長距離王国たらしめる立役者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌルミ
ぬるみ
Paavo Johannes Nurmi
(1897―1973)

フィンランドの陸上競技選手。1920年の第7回オリンピック・アントワープ大会に初出場して1万メートル、1万メートルクロスカントリーの個人・団体戦で優勝。24年のオリンピック・パリ大会では1500メートル、5000メートル、1万メートルクロスカントリーの個人・団体、3000メートル団体に優勝、1回のオリンピックで5個の金メダル獲得の偉業を遂げた。28年のオリンピック・アムステルダム大会の1万メートルでも優勝し、オリンピックで合計9個の金メダル、3個の銀メダルという不朽の記録を残した。記録的にも1921年から10年間に1500メートルから2万メートルまでの12種目に自己記録更新を含めて21回にわたって世界新記録を樹立。「走る人間機械」といわれた。52年のオリンピック・ヘルシンキ大会では聖火リレー最終走者を務めた。[石井恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヌルミの言及

【オリンピック】より

…24年2月,シャモニー・モンブラン(フランス)で,パリで開催される第8回大会の一部としてスキーとスケートの競技が行われたが,IOCは翌年の総会でこれを第1回とするオリンピック冬季競技大会を創設した。パリ大会には陸上のP.J.ヌルミ(フィンランド),水泳にJ.ワイズミュラー(アメリカ)と,スポーツ史上不朽の名を残す名選手が出現した。とくにヌルミは前回1500mに優勝し,さらにこの大会から28年のアムステルダム大会にかけて,9個の金メダルを獲得する偉業を遂げた。…

【フィンランド】より

…彫刻の巨匠アールトネンWäinö Aaltonen(1894‐1966)は堂々たる造形美と簡素な抒情主義に特色を見せている。《アレクシス・キビの座像》(1939)や《パーボ・ヌルミの走る姿》(1924)がその代表作である。古典主義を代表するルーネベリWalter Runeberg(1838‐1920)の作品として《J.L.ルーネベリ像》(1885)がある。…

※「ヌルミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌルミの関連キーワードアムステルダムオリンピック(1928年)アントワープオリンピック(1920年)パリオリンピック(1924年)ヴァイネ アールトーネンチュコト半島ハービッコ6月13日キビ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android