弗素樹脂(読み)フッソジュシ

大辞林 第三版の解説

ふっそじゅし【弗素樹脂】

水素原子の一個以上をフッ素で置換したエチレンおよびその誘導体の重合によって得られる樹脂状物質。ポリテトラフルオロエチレン(商標名テフロン)はその代表。高温にも安定で、水をよくはじく。摩擦係数が小さく、耐薬品性もきわめて高く、電気絶縁性も高い。パッキング・コーティング・電気機器の絶縁材料などに広く用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android