弗素樹脂(読み)フッソジュシ

デジタル大辞泉「弗素樹脂」の解説

ふっそ‐じゅし【×弗素樹脂】

エチレン水素原子弗素置換したものを重合して作られる合成樹脂の総称。ポリ四弗エチレン(商標名テフロン)などがある。耐衝撃性・耐薬品性・耐熱性にすぐれ、パッキング・パイプ・電気絶縁材などに使用。弗素ポリマーフルオロポリマー。フルオロカーボンポリマー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「弗素樹脂」の解説

ふっそ‐じゅし【弗素樹脂】

〘名〙 ポリエチレンの水素原子を弗素で置換した化学構造をもつ合成樹脂。熱塑性樹脂で、耐薬品・耐熱・耐衝撃性にすぐれる。テフロン、ケルFなどの商標名でパッキング、パイプ、電気絶縁材料などに利用されている。〔原子と椎茸と(1954)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android