コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弛緩出血 しかんしゅっけつAtonic Bleeding

家庭医学館の解説

しかんしゅっけつ【弛緩出血 Atonic Bleeding】

[どんな病気か]
 胎児娩出(たいじべんしゅつ)後、胎盤(たいばん)がはがれますが、剥離(はくり)した部位の子宮の血管は、子宮筋の収縮によって圧迫され、出血が止まるしくみになっています。ところが、胎盤娩出後も、子宮の収縮が不十分なために出血が続くことがあり、これを弛緩出血といいます。長時間かかった分娩(ぶんべん)や、急速に終了した分娩のときに発生しやすいといわれています。
[治療]
 下腹部をマッサージしたり、冷やしたりして、子宮筋の収縮をうながすだけで止血できることもありますが、子宮収縮剤の注射や、子宮を強く圧迫しなければならないことも少なくありません。出血が大量の場合には、輸血を行なうこともあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

百科事典マイペディアの解説

弛緩出血【しかんしゅっけつ】

胎盤の娩出(べんしゅつ)後,子宮筋が収縮不全の場合に起こる大量出血。普通は外出血だが,子宮腔内にたまる内出血もある。短時間に多量の出血があった場合には死亡する。
→関連項目出産

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

弛緩出血の関連キーワード異常分娩多胎妊娠

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android