コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弛緩出血 しかんしゅっけつ Atonic Bleeding

2件 の用語解説(弛緩出血の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しかんしゅっけつ【弛緩出血 Atonic Bleeding】

[どんな病気か]
 胎児娩出(たいじべんしゅつ)後、胎盤(たいばん)がはがれますが、剥離(はくり)した部位の子宮の血管は、子宮筋の収縮によって圧迫され、出血が止まるしくみになっています。ところが、胎盤娩出後も、子宮の収縮が不十分なために出血が続くことがあり、これを弛緩出血といいます。長時間かかった分娩(ぶんべん)や、急速に終了した分娩のときに発生しやすいといわれています。
[治療]
 下腹部マッサージしたり、冷やしたりして、子宮筋の収縮をうながすだけで止血できることもありますが、子宮収縮剤の注射や、子宮を強く圧迫しなければならないことも少なくありません。出血が大量の場合には、輸血を行なうこともあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

百科事典マイペディアの解説

弛緩出血【しかんしゅっけつ】

胎盤の娩出(べんしゅつ)後,子宮筋が収縮不全の場合に起こる大量出血。普通は外出血だが,子宮腔内にたまる内出血もある。短時間に多量の出血があった場合には死亡する。
→関連項目出産

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

弛緩出血の関連キーワード胎児胎児性アルコール症候群築地塀何心地不死身プリマドンナ娩出病は気から多胎児母体胎児集中治療室

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone