コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥生時代の「縄文人」 やよいじだいのじょうもんじん

知恵蔵の解説

弥生時代の「縄文人」

約2500年前(弥生時代早期)の佐賀県唐津市の大友遺跡から1999年、縄文人の特徴を持つ人骨4体が見つかった。朝鮮半島起源とされる弥生系の支石墓からの出土で、86年発見の福岡県志摩町の新町遺跡の支石墓出土例とも類似。97、99年に神戸市の新方(しんぽう)遺跡で出土した同じ頃の弥生の人骨計5体も縄文人そっくりで、縄文の形質を持った渡来人の可能性も含め論議が活発化している。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

弥生時代の「縄文人」の関連キーワード未熟児低出生体重児日本アルプス相続時精算課税制度成田空港ダボス会議新第三紀第三紀血債協定在日アメリカ軍

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone