コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相続時精算課税制度 そうぞくじせいさんかぜいせいど

4件 の用語解説(相続時精算課税制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

相続時精算課税制度

生前贈与により財産を得た時、暦年単位で贈与税の計算をする暦年課税に代えて選択できる制度(精算制度)。相続時に、生前贈与した財産と相続財産を合計して相続税を計算する。この制度は、贈与年の1月1日において贈与者が65歳以上、受贈者が20歳以上の推定相続人(通常は配偶者と子。代襲相続を含む)である場合に限り適用される。精算制度を選んだ場合でも従来の贈与税は残るが、その税額は、課税価格から特別控除額(2500万円)を差し引いた額に一律20%の税率を乗じて求める。従って、2500万円未満の生前贈与であれば、贈与税は課税されない。なお、ここで課された贈与税は、相続税から控除するか還付を受けることができる。

(浦野広明 立正大学教授・税理士 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうぞくじせいさんかぜい‐せいど〔サウゾクジセイサンクワゼイ‐〕【相続時精算課税制度】

親が子に生前贈与を行った場合に、贈与ではなく相続前倒しとして扱う制度。贈与者が65歳以上の親、受贈者が20歳以上の子(子が死亡している場合は20歳以上の孫)である場合に選択できる。特別控除額の2500万円まで贈与税非課税となり、これを超えた部分については一律20パーセントの税率が適用される。親が死亡した際は、同制度の適用分とその他の遺産を合算して相続税を精算する。平成15年(2003)に導入。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

相続時精算課税制度

従来、税務上、別々の取り扱いをされていた相続税と贈与税を一体化した制度。平成15年の税制改正で創設された。65歳以上の親から20歳以上の子に対する贈与については、2,500万円までは非課税(親の相続時まで)。2,500万円を超えた部分については20%の税率となる。最終的に贈与財産を相続時に持ち戻し、相続税と合算して税金を納付、精算する制度。納税者の選択によりこの制度を利用できる。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相続時精算課税制度
そうぞくじせいさんかぜいせいど

相続税と贈与税を一体化し、贈与の際の課税を軽減化することで生前贈与を促し、資産をスムーズに次の世代に渡して消費を活発化させることをねらった制度。2003年(平成15)1月施行の相続税法改正に伴い導入された。この制度を選択した場合、生前贈与の際には贈与財産2500万円までは贈与税が非課税となり、2500万円を超えた分については一律20%の贈与税が課税される。贈与者が亡くなった時には、生前贈与された財産の贈与時の価値と相続財産の価値とを合計した相続税を支払うが、その際、すでに納めた贈与税相当額は控除され、払い過ぎている場合には還付される。制度が適用されるのは、贈与者は65歳以上の親で、受贈者は贈与者の推定相続人である20歳以上の子(子が死亡している場合は20歳以上の孫)。
 2013年の税制改正により、2015年1月からはさらに譲渡条件が緩和され、贈与者の年齢要件は「65歳以上」から「60歳以上」に、受贈者の範囲は、「20歳以上の子」から「20歳以上の子と孫」になる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相続時精算課税制度の関連キーワード遺留分死因贈与相続税贈与税離婚と税生前贈与生前一括贈与農地等の相続税・贈与税の納税猶予制度死因贈与と税財産分与と税

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相続時精算課税制度の関連情報