コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥生時代繰り上げ説 やよいじだいくりあげせつ

1件 の用語解説(弥生時代繰り上げ説の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

弥生時代繰り上げ説

国立歴史民俗博物館の研究チームが2003年5月、弥生時代の開始時期は定説より約500年早い紀元前1000年頃、との研究結果を発表した。福岡市の雀居(ささい)遺跡など北部九州などで出土した土器付着の炭化物や杭など32点からAMS法による炭素14の測定データに基づき、新説を提起した。同年12月には、四国地方の弥生開幕は紀元前810〜同600年ごろで、北部九州よりやや遅れていたことなども発表した。年輪年代測定法など他の検証による裏づけがないことや、以前からの炭素14法への疑問などもあり、激論に発展しそうだ。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弥生時代繰り上げ説の関連キーワード国立歴史民俗博物館文部省国立博物館佐倉城AMS法歴博井上光貞白石太一郎土田直鎮坪井洋文

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone