新説(読み)シンセツ

デジタル大辞泉の解説

しん‐せつ【新説】

今までになかった新しい学・意見。また、初めて聞く話。「新説を提示する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんせつ【新説】

新しい学説。新しい意見。 ⇔ 旧説 「 -を立てる」
新しく聞く話。 「それは-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の新説の言及

【証明責任】より

…そこで民事訴訟法学では,当事者のうちのどちらがこの責任を負担するかについて,はげしく争われている。権利根拠事由(たとえば〈金を貸した〉),権利障害事由(たとえば〈錯誤により無効〉),権利滅却事由(たとえば〈返済した〉)を主張する利益と責任(主張責任という)のある者は,その主張事実につき証明責任があるとする説(規範説または法律要件分類説),証拠に近い者,証明しやすい者,異常なことを主張する者こそ証明責任を負担すべきだとする説(新説または反規範説)がある。新説はそのように考えないと公平に反するといい,規範説はそれでは法的安定性を害すると反論する。…

※「新説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新説の関連情報