コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭素14 たんそじゅうしcarbon 14

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭素14
たんそじゅうし
carbon 14

質量数 14の炭素同位体。半減期 5730年でβ崩壊する。β線の最大エネルギーは 0.115MeV 。γ線は放出しない。窒素 14に速い中性子を当ててつくられ,炭素のトレーサーとして広い分野で大量に利用されている。そのため単に放射性炭素とも呼ばれる。天然では大気上層で二次宇宙線の中性子と大気主成分である窒素との核反応でつくられ,二酸化炭素となり,大気中,生体中,海水中にほぼ均一濃度で広く分布している。この放射能による年代測定ラジオカーボンデーティングとして広く応用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

炭素14の関連キーワードプレ・プロジェクタイル・ポイント文化アンドリュー・エリコット ダグラスA.B. ヘイスチングスケルン・リンデンタールウィンドミル・ヒル文化ニールセン ステーマン放射性炭素年代測定法弥生時代繰り上げ説オーリニャック文化チャタル・ヒュユクマグレモーゼ文化ウンム・ダバギヤフォルサム文化エルテベレ文化シャニダール人福井洞穴遺跡ウバイド文化スター・カー放射性元素言語年代学

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炭素14の関連情報