コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥生狂言 ヤヨイキョウゲン

2件 の用語解説(弥生狂言の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やよい‐きょうげん〔やよひキヤウゲン〕【弥生狂言】

江戸時代の歌舞伎で、3月に上演する狂言。また、その興行。宿下がり御殿女中当て込み、御殿物などを仕組むことが多かった。京坂では三の替わり。 春》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やよいきょうげん【弥生狂言】

江戸時代、三月に上演する歌舞伎狂言。御殿女中の宿下がりの時期でもあるので「伽羅先代萩めいぼくせんだいはぎ」「加賀見山旧錦絵かがみやまこきようのにしきえ」などが上演された。三の替わり。 [季] 春。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone