コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弦音器官 げんおんきかんchordotonal organ

世界大百科事典 第2版の解説

げんおんきかん【弦音器官 chordotonal organ】

昆虫の機械受容器の一種で,体壁下にあって先端を体壁の一部に,求心側を他の部分に付着させ,弦のように張りめぐらされた感覚子が集まったものを弦音器官という。弦音器官には昆虫特有の聴覚器官である鼓膜器官tympanal organも含まれる。鼓膜器官以外には,比較的少数の感覚子からなる弦音器官が触角や足などの体の関節近くにあり自己受容器として働くが,羽の動きを受容するものもある。多数の感覚子が集まってできた弦音器官としては,鼓膜器官のほかに膝下(しつか)器官subgenual organ,ジョンストン器官Johnston’s organがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんおん‐きかん〔‐キクワン〕【弦音器官】

弦音器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

弦音器官の関連キーワード

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android