コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弦音器官 げんおんきかん chordotonal organ

1件 の用語解説(弦音器官の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げんおんきかん【弦音器官 chordotonal organ】

昆虫の機械受容器の一種で,体壁下にあって先端を体壁の一部に,求心側を他の部分に付着させ,弦のように張りめぐらされた感覚子が集まったものを弦音器官という。弦音器官には昆虫特有の聴覚器官である鼓膜器官tympanal organも含まれる。鼓膜器官以外には,比較的少数の感覚子からなる弦音器官が触角や足などの体の関節近くにあり自己受容器として働くが,羽の動きを受容するものもある。多数の感覚子が集まってできた弦音器官としては,鼓膜器官のほかに膝下(しつか)器官subgenual organ,ジョンストン器官Johnston’s organがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弦音器官の関連キーワード下唇受容器触覚連通管矢籠圧受容器味覚受容器機械受注感覚投射の法則手塚治虫と昆虫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone