コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立田 たつた

2件 の用語解説(立田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立田
たつた

愛知県西端,愛西市西部の旧村域。木曾川東岸にある。 1906年村制。 2005年佐屋町,八開村,佐織町の3町村と合体して愛西市となった。地名は木曾川と旧佐屋川 (現海部幹線水路) の間にあった立田輪中にちなむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立田
たつた

愛知県西部、海部(あま)郡にあった旧村名(立田村(むら))。現在は愛西(あいさい)市の南西部を占める一地区。立田村は2005年(平成17)佐屋(さや)町、佐織(さおり)町、八開(はちかい)村と合併、市制施行して愛西市となる。右岸の福原新田(ふくはらしんでん)町を除き、木曽(きそ)川の左岸に位置する。集落は自然堤防と輪中(わじゅう)堤防上に細長く立地している。輪中形態のため大半が海抜ゼロメートル以下の低湿地で、水屋(みずや)形式の民家も残存している。米作が中心であったが、近年は施設園芸や畜産が盛んとなっている。特産は蓮根(れんこん)で、品種保存のための赤ハス保存田がある。木曽川をまたぎ、対岸の福原地区とを結ぶ立田大橋が1984年(昭和59)に完成。福原地区には国営木曽三川(さんせん)公園がある。木曽川と長良(ながら)川間の船の往来のために1902年(明治35)つくられた船頭平閘門(こうもん)は、現在も使用されていて、2000年国の重要文化財に指定された。[伊藤郷平]
『『立田村史』(1965・立田村) ▽『新編立田村史』全3巻(1996~2003・立田村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立田の関連キーワード愛知県愛西市稲葉町木曾川〈町〉愛知県愛西市諏訪町立田〈村〉愛知県愛西市立田町愛知県愛西市西川端町愛知県愛西市西條町愛知県愛西市西保町愛知県愛西市根高町八開〈村〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立田の関連情報