張僧【よう】(読み)ちょうそうよう

百科事典マイペディアの解説

張僧【よう】【ちょうそうよう】

中国,南北朝時代の画家。生没年不詳。梁の武帝に仕えて寺院の壁画に多くの仏画を描いた。画風は,インドや西域の画の影響を受け,陰影による立体感の表現に特色がある。建康の一乗寺が凹凸寺と呼ばれたのも,彼がそこに描いた画の立体感のため。
→関連項目顧【がい】之陸探微

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android