コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張東蓀 ちょうとうそん Zhang Dong-sun

2件 の用語解説(張東蓀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張東蓀
ちょうとうそん
Zhang Dong-sun

[生]光緒12(1886)
[没]1973
中国の哲学者,評論家。日本に留学し,東京大学卒業後,辛亥革命に参加し,1921年には中国共産党創立大会にも参加した。 1932年国家社会党 (1946年民主社会党と改称) を結成したが,除名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうとうそん【張東蓀 Zhāng Dōng sūn】

1886‐1973
中国の思想家,政治家。江蘇省呉県(蘇州市)の生れ。字は聖心。1905年(光緒31),日本に留学し東洋大学を卒業。帰国後,梁啓超らの《庸言》《大中華》などの編集者となり,ベルグソンの著作を翻訳し,一時は,陳独秀らとともにマルクス主義の紹介にも努力したが,やがて,彼らと衝突した。23年に始まる〈科学と人生観〉論争では,新カント哲学の立場から科学の限界を指摘した。32年,張君勱(ちようくんばい)と国家社会党を結成,46年,民主社会党と改称の後,除名された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

張東蓀の関連キーワード章美王巌張澹蒲室子恵棟陳伯達徳治思想野村浩一張君勱清江(中国江蘇省)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone