強制隔離(読み)キョウセイカクリ

デジタル大辞泉の解説

きょうせい‐かくり〔キヤウセイ‐〕【強制隔離】

伝染病予防法により、患者または感染のおそれや疑いのある者を、伝染病院隔離病舎などに強制的に隔離したこと。平成11年(1999)同法は廃止され、代わって施行された感染症予防法では、特定の感染症患者などに対して、感染症指定医療機関への入院の勧告ができるとされている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうせいかくり【強制隔離】

旧伝染病予防法で、患者を強制的に伝染病院・隔離病舎などに収容し、また同居人など感染の恐れや疑いのある者を、隔離所などに一定期間隔離していたこと。隔離処分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうせい‐かくり キャウセイ‥【強制隔離】

〘名〙 感染症に関する旧法伝染病予防法に基づき、伝染病患者やその疑いのある者を強制的に隔離した行政処分のこと。平成一一年(一九九九)の感染症法の施行に伴い廃止され、感染症指定医療機関への入院の勧告となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強制隔離の関連情報