コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強制隔離 キョウセイカクリ

デジタル大辞泉の解説

きょうせい‐かくり〔キヤウセイ‐〕【強制隔離】

伝染病予防法により、患者または感染のおそれや疑いのある者を、伝染病院隔離病舎などに強制的に隔離したこと。平成11年(1999)同法は廃止され、代わって施行された感染症予防法では、特定の感染症患者などに対して、感染症指定医療機関への入院の勧告ができるとされている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうせいかくり【強制隔離】

旧伝染病予防法で、患者を強制的に伝染病院・隔離病舎などに収容し、また同居人など感染の恐れや疑いのある者を、隔離所などに一定期間隔離していたこと。隔離処分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

強制隔離の関連キーワードハンセン病と長島天文台ハンセン病(レプラ)ライヒ・ラニツキー感染症予防医療法ハンセン病訴訟隔離(検疫)らい予防法小笠原登隔離処分ゲットー同居人伝染病疫病史

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強制隔離の関連情報