コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永久変形 えいきゅうへんけいpermanent deformation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永久変形
えいきゅうへんけい
permanent deformation

固体に力を加えて変形させるとき,その力が弾性限度 (→比例限度 ) をこえて大きいか,または高温で長時間にわたるときに,加えた力を除いても残る変形。前者の例として貨幣のような金属成形品,後者の例に茶しゃくなどの竹細工,プラスチック製品がある。加えた力を除いたときに固体の形がもとに戻る性質弾性というのに対し,もとに戻らないで永久変形してしまう性質を塑性という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいきゅうへんけい【永久変形】

固体物質を引っ張ったり押したりすると,力に応じて形を変える。しかし,応力がその物質の弾性限度以上に大きくなると,力を取り除いても変形が残ってしまう。これを永久変形といい,このときのひずみを永久ひずみと呼ぶ。塑性弾性ひずみ【二宮 敏行】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

永久変形の関連キーワードビンガム物体形状記憶効果脆性破壊応力集中滑り流動硬さ試験結晶塑性熱応力熱疲労圧延延性流動展性

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android