コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾直樹 だん なおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弾直樹 だん-なおき

1823-1889 江戸時代後期の穢多(えた)頭。
文政6年生まれ。幕府から養子家督相続をゆるされ,天保(てんぽう)11年13代弾左衛門を襲名幕長戦争に協力した功で幕府から平人とされ,弾内記と名のる。明治3年直樹と改名。洋式皮革と軍靴の製造にとりくむが,事業は成功しなかった。明治22年7月9日死去。67歳。摂津兎原(うはら)郡(兵庫県)出身。本姓寺田幼名小太郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

弾直樹

没年:明治22.7.9(1889)
生年:文政6(1823)
幕末明治期,穢多頭弾左衛門の最後の第13代目。小太郎,集保。摂津国莵原郡灘住吉村の寺田利左衛門の長子で,天保10(1839)年幕命により第12代弾左衛門の養子となった。慶応4(1868)年幕府から自身と手下65人の身分引き上げを認められて弾内記と改名し(俗名には矢野内記も用いた),明治3年に弾直樹と改めた。この年陸海軍造兵司所属の皮革製造伝習授業御用製造所を設立して洋式皮革・軍靴の製造を始めた。しかし翌4年賤民の斃牛馬処理権が廃止され,穢多非人などの称廃止令も出されたため,賤民支配権のうえに成り立つ弾の事業は大打撃を受けた。5年に政商水町久兵衛と弾・水町組を設立し,兵部省から軍靴を10年間納入の註文を受けたが,技術と経営の未熟のため解約された。その後は三井組の手代北岡文兵衛と弾・北岡組をつくって製靴部門を担当した。弾の事業は成功しなかったが,失意の晩年に皮革製造所と製靴職人の増加は「我志の果して貫徹せるものなり」と喜んでいたという。<参考文献>高橋梵仙『部落解放と弾直樹の功業』

(川村善二郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の弾直樹の言及

【弾左衛門】より

…江戸に本拠をおいた〈穢多頭(えたがしら)(長吏頭(ちようりがしら))〉で,関八州と伊豆の全域,および甲斐,駿河,陸奥の一部の被差別部落を統轄するとともに,触頭(ふれがしら)として全国の被差別部落に号令する権限を幕府からゆだねられていた。歴代この名を襲名し,幕末・維新期の第13代弾左衛門(弾内記(ないき),直樹(なおき))にいたって旧来の地位・権益を失った。 弾左衛門家の,江戸時代以前における沿革については,ほとんどわかっていない。…

※「弾直樹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

弾直樹の関連キーワード弾左衛門(13代)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android