えた(読み)エタ

デジタル大辞泉の解説

えた〔ゑた〕

中世および近世における賤民(せんみん)身分の一。江戸時代には非人(ひにん)とよばれた人々とともに士農工商の下におかれ、居住地も制限されるなど、不当な差別を受けた。主に皮革業に従事し、犯罪者の逮捕や罪人の処刑などに使役された。明治4年(1871)の太政官布告で法的には平民とされたが、なお「新平民」とよばれた。社会的差別は今も残存している。→部落解放運動
[補説]中世以降、差別視して「穢多」の字をあてた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穢多
えた

封建時代の主要な賤民身分。語源はたかの餌取 (えとり) という説があるが,つまびらかでない。南北朝時代頃から卑の意味をもつ穢多の字があてられるようになった。鎌倉,室町時代には寺社に隷属する手工業者,雑芸人らを,穢多,非人,河原者,散所 (さんじょ) などと呼んだが,まだ明確な社会的身分としての規定はなく,戦国時代に一部は解放された。江戸時代に入り封建的身分制度の確立とともに,没落した一部の住民をも加えて,士農工商の身分からもはずされた最低身分の一つとして法制的にも固定され,皮革業,治安警備,清掃,雑役などに職業を制限された。皮多長吏,その他の地方的名称があったが,非人よりは上位におかれた。職業,住居,交際などにおいて一般庶民と差別され,宗門人別帳 (→宗門改帳 ) も別に作成された。明治4 (1871) 年8月 28日太政官布告でその身分制は廃止され,形式的には解放されることになった。幕末には 28万人を数えた。 (→ , 部落解放運動 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えた ゑた【穢多】

〘名〙
① 中世、賤民の一階層。掃除などの雑業に従事した。
※塵袋(1264‐88頃)五「きよめをえたと云ふは何なる詞ばぞ。穢多根本は餌取(えとり)と云ふべき歟」 〔文明本節用集(室町中)〕
② 江戸時代、幕藩体制の民衆支配の一環として、非人とともに士農工商より下位の身分に置かれ、過酷な差別を受けた階層。斃牛馬の処理、皮革の製造、藁細工など賤視された職業に従事し、罪人の逮捕・処刑などの賦役も強制された。居住地も劣悪な地域に集団的に隔離疎外され、子々孫々までその身分から離れることができなかった。明治四年(一八七一)太政官布告によって、法制上は穢多・非人の身分・呼称は廃止されたが、社会的な差別観は存続し、新平民・特殊部落民などの賤称で呼ばれ差別された。現在に至るも不当な差別は根絶されていない。→非人部落解放運動。〔書言字考節用集(1717)〕

えった ゑった【穢多】

〘名〙 「えた(穢多)」の変化した語。→えた
※雑談集(1305)一〇「乞食穢多(ヱッタ)なとの如し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

えたの関連情報