コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾左衛門 だんざえもん

6件 の用語解説(弾左衛門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弾左衛門
だんざえもん

穢多 (えた) ,非人の総支配頭。摂津国の池田の出身とも,源氏の落胤ともいわれるが明らかでない。江戸時代には江戸浅草に住み,幕府の管下で武蔵,上野,下野,上総,下総,安房,陸奥などの全域と,常陸,相模,伊豆,駿河,甲斐などの一部の長吏 (穢多頭) ,非人を支配した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だんざえもん〔ダンザヱモン〕【弾左衛門】

江戸時代、関八州および陸奥甲斐伊豆駿河の12か国のえた非人を支配した頭(かしら)代々の称。江戸に拠点を置いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

弾左衛門【だんざえもん】

江戸時代,江戸市中および関東周辺12ヵ国にまたがる賤民身分の人びと(えた非人・猿飼(さるかい)など)を統轄した〈穢多頭〉。出自や来歴はつまびらかでないが,江戸時代初めに幕府から関東における賤民身分取締りの特権を与えられたものと推定され,17世紀の中ごろにはその地歩が確定,江戸中期から支配地域がしだいに拡大したものとみられる。
→関連項目猿回し被差別部落

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だんざえもん【弾左衛門】

江戸に本拠をおいた〈穢多頭(えたがしら)(長吏頭(ちようりがしら))〉で,関八州と伊豆の全域,および甲斐,駿河,陸奥の一部の被差別部落を統轄するとともに,触頭(ふれがしら)として全国の被差別部落に号令する権限を幕府からゆだねられていた。歴代この名を襲名し,幕末・維新期の第13代弾左衛門(弾内記(ないき),直樹(なおき))にいたって旧来の地位・権益を失った。 弾左衛門家の,江戸時代以前における沿革については,ほとんどわかっていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だんざえもん【弾左衛門】

江戸時代、江戸に居住して関八州および伊豆・甲斐・駿河・陸奥の一部に勢力を及ぼした、えた・非人の総取締。歴代この名を襲名した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弾左衛門
だんざえもん

江戸時代、関(かん)八州の大半および甲斐(かい)・伊豆・駿河(するが)・陸奥(むつ)の一部、あわせて12か国にまたがる地域の穢多(えた)・非人(ひにん)・猿飼(さるかい)を支配した穢多頭(えたがしら)代々の称。武士支配の社会的秩序を維持し強化する役割を果たす江戸時代の封建的身分には士(支配身分)、農工商(平民身分)などがあった。穢多は、非人とともに、平民身分の下におかれた賤民(せんみん)身分で、厳しい差別を受けた。弾左衛門は、1722年(享保7)、非人頭車善七(くるまぜんしち)が穢多頭の配下ではないと主張しておこった争論に勝訴、江戸の非人頭に対する支配権をいちおう確立し、非人を刑罰に処する仕置(しおき)権も掌握することとなった。これらの事実は、関八州などにおける弾左衛門を頂点とする賤民支配体系が整備されたことを示す。弾左衛門は、役として、太鼓(たいこ)、皮細工、灯心などを幕府に上納したほか、将軍が旅行する際の警護、罪人護送や処刑の人足などを出すよう命じられ、これを配下の穢多・非人に割り当てた。彼は、零細な農耕のほか、皮鞣(かわなめ)しや灯心製造などに従事する配下の穢多や、非人頭を通じて非人から徴税し、その経済的実力は3000石の旗本級といわれ、江戸北郊に大邸宅を構えていた。1800年(寛政12)の書上(かきあげ)では、穢多5664軒、非人1995軒、猿飼61軒が彼の直接間接の支配下にあった。[成澤榮壽]
『部落問題研究所編・刊『部落の歴史 東日本篇』(1983)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の弾左衛門の言及

【源頼朝】より

…なぜならば,北畠の声聞師というのは北畠散所(さんじよ)を根拠地として活動した当代の賤民的雑芸者の集団であるが,それとの歴史的連関はさておくとして,江戸時代の身分制で賤民身分の中核にすえられた〈えた〉が,〈えた〉としての権益を主張するための根本的な〈証文〉として受け伝え,保持していた文書(名称は種々あるが,こんにちでは《河原巻物(かわらまきもの)》と総称されている)に,源頼朝から引き立てられて御用をつとめたのが始まりであると由来を説きおこすのが通例だからである。たとえば,江戸浅草の〈穢多頭(えたがしら)〉弾左衛門(だんざえもん)家伝来の《頼朝卿御朱印の写(うつし)》では,1180年9月に〈鎌倉長吏(ちようり)弾左衛門藤原頼兼(ふじわらのよりかね)〉が頼朝の朱印状により,長吏,座頭(ざとう),舞々(まいまい),猿楽(さるがく),陰陽師(おんみようじ)など各種の職業の支配権を得たという。 この種の文書が偽文書であることは,すでに明らかにされているが,なぜ〈源頼朝〉が〈えた〉の由緒意識の中心にあったのかは,解明されつくしたとはいいがたい。…

※「弾左衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弾左衛門の関連キーワード穢多頭板頭板元老頭黒頭間頭多頭目頭下掛りふたがしら

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弾左衛門の関連情報