コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍靴 グンカ

デジタル大辞泉の解説

ぐん‐か〔‐クワ〕【軍靴】

軍隊用の。特に、兵隊の履く編み上げ靴。「軍靴響き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐんか【軍靴】

軍隊用の靴。 「 -の響き」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の軍靴の言及

【軍服】より

…サーベル,剣帯,飾緒,脚絆,短靴・工兵靴・長靴の3種類の靴をも定めた。日本の洋靴製造の始めは軍靴で,1868年に兵部省が勧めて西村勝三に着手させた。だが靴をはく慣習がなかったことと製造技術の未熟さから,行軍では足を痛め,西南戦争(1877),日清戦争(1894‐95)では多くの人がわらじにはきかえた。…

※「軍靴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

軍靴の関連キーワードモーリス・J. フォンブール編み上げ靴・編上げ靴ガイウス・カエサルハイトケンペル和歌山(県)ブロックトン藤田伝三郎ブルチャーカリグラ西村勝三皮革工業弾直樹編上靴藤田組

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍靴の関連情報