当を付ける(読み)あたりをつける

精選版 日本国語大辞典の解説

あたり【当】 を 付(つ)ける

① 思いをかける。惚れる。
※当世花詞粋仙人(1832)「ほれる事、あたりつける」
② 見当をつける。手掛かりを見つける。
※落語・梅見の薬鑵(1893)〈三代目三遊亭円遊〉「『ぢゃア此(この)証書を呉れるのか、有難へや』『乃公(おれ)だって夫丈(それだけ)の目的(アタリ)を付けて来たんだ』」

あて【当】 を 付(つ)ける

① こうだろうと推測する。見当を付ける。
※鎌倉夫人(1902)〈国木田独歩〉下「材木座なら多分光明館と当(アテ)をつけ」
② あてこすりを言う。
※洒落本・御膳手打翁曾我(1796か)「此子なざァまだ一の鳥居をこさねへからと当(アテ)をつけても、祐成は腹をたたぬが気質にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android