コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当意 トウイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐い〔タウ‐〕【当意】

その即座に考え出すこと。その場にぴったりあてはまるように工夫すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうい【当意】

その場で即座に考えたり、工夫したりすること。 「 -のうそをつきまぜ/浮世草子・諸艶大鑑 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

当意の関連キーワード鬭・倒・偸・党・冬・凍・刀・到・唐・塔・套・島・当・悼・投・搭・東・桃・桐・棟・湯・滔・濤・灯・燈・當・痘・登・盗・盜・祷・禱・稲・稻・等・筒・答・糖・納・統・蕩・藤・討・読・謄・豆・踏・蹈・逃・透・闘・陶・韜・頭・騰・黨IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)ホプキンズ(Lightnin' Hopkins)マロ(Clément Marot)都々逸坊扇歌(初代)宝山左衛門(初代)プラウトゥス仁王(狂言)北大路魯山人当話・答話生恵 幸子人生 幸朗きりたんぽイマジズム田付 辰子サイモンエスプリウイット浮世草子観世宗節

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android