六宮(読み)リクキュウ

精選版 日本国語大辞典の解説

りく‐きゅう【六宮】

りっ‐きゅう リク‥【六宮】

〘名〙
① (古代中国で、皇后およびその他の夫人の宮が六つあったところから) 宮中の奥御殿。後宮(こうきゅう)。また、そこに起居する宮女たち。
※太平記(14C後)一「三千の寵愛一身に在しかば、六宮(リッキウ)の粉黛は、顔色無が如く也」 〔周礼‐天官・内宰〕
② 十二律のうちの夾鐘、仲呂、林鐘、南呂、応鐘、大呂の六つの音をいう。〔文明本節用集(室町中)〕

ろっ‐きゅう ロク‥【六宮】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六宮の関連情報