彝倫(読み)いりん

精選版 日本国語大辞典「彝倫」の解説

い‐りん【彝倫】

〘名〙 (「彝」は常、「倫」は) 人の常に守るべきみち。一定不変の倫理。
※本朝文粋(1060頃)二・陸奥勅符「狼戻之胆。宣彜倫之所一レ施」
※古道大意(1813)由縁「君臣の等(のり)。彜倫の(ついで)」 〔書経‐洪範

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「彝倫」の解説

い‐りん【×彝倫】

《「彝」はつね、「倫」は人のふみ行うべき道の意》人が常に守るべき道。人倫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「彝倫」の解説

【彝倫】いりん

人の常に守るべき道。〔書、洪範〕乃ち震怒し、洪範九疇(ちう)を(あた)へず。彝倫攸(もつ)て(やぶ)る。鯀(こん)則ち死す。禹乃ち嗣ぎて興る。天乃ち禹に洪範九疇(たま)ふ。彝倫攸て敍(の)ぶ。

字通「彝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android