コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形像 ギョウゾウ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐ぞう〔ギヤウザウ〕【形像】

仏などの姿・形をかたどった絵や彫刻。けいぞう。
「畳(かたびら)の上に仏の―を画(か)きて」〈今昔・一・二三〉

けい‐ぞう〔‐ザウ〕【形像】

ぎょうぞう(形像)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいぞう【形像】

かたどって作った像。ぎょうぞう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

形像の関連キーワード烏芻沙摩明王・烏蒭沙摩明王マソ・ディ・バンコ倶利迦羅竜王大威徳明王虚空蔵菩薩降三世明王如意輪観音軍荼利明王恵山[町]四種曼荼羅水月観音不動明王摩利支天救世観音五部心観一字金輪迦陵頻伽孔雀明王毘沙門天文殊菩薩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形像の関連情報