コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形像 ギョウゾウ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐ぞう〔ギヤウザウ〕【形像】

仏などの姿・形をかたどった絵や彫刻。けいぞう。
「畳(かたびら)の上に仏の―を画(か)きて」〈今昔・一・二三〉

けい‐ぞう〔‐ザウ〕【形像】

ぎょうぞう(形像)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいぞう【形像】

かたどって作った像。ぎょうぞう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

形像の関連キーワード烏芻沙摩明王・烏蒭沙摩明王マソ・ディ・バンコ倶利迦羅竜王虚空蔵菩薩恵山[町]軍荼利明王降三世明王大威徳明王四種曼荼羅如意輪観音不動明王摩利支天水月観音大自在天迦陵頻伽五部心観毘沙門天深沙大将金剛薩埵一字金輪

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形像の関連情報