形像(読み)ギョウゾウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょう‐ぞう ギャウザウ【形像】

〘名〙 仏、人形などの姿形をかたどったもの。像。けいぞう。
※太平記(14C後)一八「上人は不動明王の形像(ぎゃうサウ)にて、伽楼羅炎(かるらえん)の内に座し給へり」

けい‐ぞう ‥ザウ【形像】

※経国集(827)一〇・登延暦寺拝澄和尚像〈良岑安世〉「鑪煙猶似昔。形像正疑真」
※西京繁昌記(1877)〈増山守正〉初「我形像を作れる事是れ則女人往生の姿なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android