コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦竜周興 げんりゅう しゅうこう

1件 の用語解説(彦竜周興の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

彦竜周興 げんりゅう-しゅうこう

1458-1491 室町時代の僧。
長禄(ちょうろく)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。相国(しょうこく)寺の黙堂祖久(もくどう-そきゅう)の法をつぐ。横川景三(おうせん-けいさん),月翁周鏡(しゅうきょう),桃源瑞仙(ずいせん)らにも師事。月翁が僧録(そうろく)に就任すると,それをたすけた。延徳3年6月3日病死。34歳。詩文にすぐれ,五山禅林の薄命の天才とか異才とよばれる。京都出身。別号に半陶子,陶庵。詩文集に「半陶文集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の彦竜周興の言及

【五山文学】より

…その影響下に出たのが中巌円月(ちゆうがんえんげつ),絶海中津(ぜつかいちゆうしん),如心中恕,一峰通玄,友山士偲らであった。北山時代には絶海の影響下に天章澄彧(ちよういく),惟肖得巌,太白真玄が出て,大いに晦渋(かいじゆう)な文章を競ったが,一方では義堂周信の影響を受けた惟忠通恕,心華元棣(げんてい),東漸健易,厳中周噩(しゆうがく)らが古林派下の偈頌主義をかろうじて守り,この流派が主流となって,瑞渓(ずいけい)周鳳によって高揚されたこの作風は東山時代に入り,横川景三(おうせんけいざん),景徐周麟,彦竜周興によって相続された。ことに彦竜は清冽な作風をもって五山文学を復興したが,惜しくも34歳の若さをもって夭折した。…

※「彦竜周興」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

彦竜周興の関連キーワード意雲惟三宗叔雲荘徳慶季亨玄厳錦江玄文月窓明潭古澗仁泉金春豊氏天先祖命物外性応

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone