彫心鏤骨(読み)ちょうしんるこつ

四字熟語を知る辞典「彫心鏤骨」の解説

彫心鏤骨

心に彫りつけ、に刻み込むように非常に苦心・苦労すること。また、詩文などを苦心してみがきあげること。

[使用例] われらは、この後に来るのためには、彫心鏤骨の苦しみも、いとい申さぬ覚悟でござる[菊池寛蘭学事始|1921]

[解説] 「鏤」は彫り込む、刻み込むこと。「ちょうしんろうこつ」ともいいます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「彫心鏤骨」の解説

ちょうしん‐るこつ〔テウシン‐〕【彫心×鏤骨】

心に彫りきざみ骨にちりばめること。非常に苦心して詩文などを練り上げること。ちょうしんろうこつ。
「―の技巧実に燦爛(さんらん)の美を恣(ほしいまま)にす」〈上田敏訳・海潮音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「彫心鏤骨」の解説

ちょうしん‐るこつ テウシン‥【彫心鏤骨】

〘名〙 (「る」は「鏤」の呉音) 心に彫りつけ骨にちりばめること。非常に苦心すること。また、詩文などを苦心してみがきあげること。ちょうしんろうこつ。
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉序「近代の仏詩は高踏派の名篇に於て発展の極に達し、彫心鏤骨の技巧実に燦爛の美を恣にす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android