コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彭叔守仙 ほうしゅく しゅせん

1件 の用語解説(彭叔守仙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

彭叔守仙 ほうしゅく-しゅせん

1490-1555 戦国時代の僧。
延徳2年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都東福寺の自悦守懌(しゅえき)の法をつぐ。天文(てんぶん)7年東福寺の住持となり,16年南禅寺にうつる。のち東福寺に善慧院を創建。能登(のと)(石川県)崇寿寺などの住持をつとめた。五山文学者としても著名。天文24年10月12日死去。66歳。信濃(しなの)(長野県)出身。別号に瓢庵。著作に「猶如昨夢(ゆうによさくむ)集」「鉄酸饀(てつさんとう)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

彭叔守仙の関連キーワード弘治足利義稙慈照寺陶晴賢陶晴賢の妻ウィクラム天文葛山城八尾空港伊勢神宮内宮周辺の駐車場

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone