コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彭叔守仙 ほうしゅく しゅせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

彭叔守仙 ほうしゅく-しゅせん

1490-1555 戦国時代の僧。
延徳2年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都東福寺の自悦守懌(しゅえき)の法をつぐ。天文(てんぶん)7年東福寺の住持となり,16年南禅寺にうつる。のち東福寺に善慧院を創建。能登(のと)(石川県)崇寿寺などの住持をつとめた。五山文学者としても著名。天文24年10月12日死去。66歳。信濃(しなの)(長野県)出身。別号に瓢庵。著作に「猶如昨夢(ゆうによさくむ)集」「鉄酸饀(てつさんとう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

彭叔守仙の関連キーワード戦国時代守仙

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android