コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彭叔守仙 ほうしゅく しゅせん

1件 の用語解説(彭叔守仙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

彭叔守仙 ほうしゅく-しゅせん

1490-1555 戦国時代の僧。
延徳2年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都東福寺の自悦守懌(しゅえき)の法をつぐ。天文(てんぶん)7年東福寺の住持となり,16年南禅寺にうつる。のち東福寺に善慧院を創建。能登(のと)(石川県)崇寿寺などの住持をつとめた。五山文学者としても著名。天文24年10月12日死去。66歳。信濃(しなの)(長野県)出身。別号に瓢庵。著作に「猶如昨夢(ゆうによさくむ)集」「鉄酸饀(てつさんとう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

彭叔守仙の関連キーワード五辻泰仲延徳戦国円如虎渓正淳悟宗圭頓在天宗鳳芝岡宗田宗哲笑嶺宗訢