コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

影人形 カゲニンギョウ

デジタル大辞泉の解説

かげ‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【影人形】

手などで人や鳥獣の形の影をつくり、障子などに映し出す遊び。影絵。
他人にわからないよう、陰で言ったりしたりすること。
「―を使うとかいう」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かげにんぎょう【影人形】

陰でいろいろなことをすること。 「 -を使ふとか言ふ/浮雲 四迷
影絵かげえ」に同じ。 「 -よく使ひ申候/浮世草子・置土産 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の影人形の言及

【影絵】より

…手影絵は両手と指の組合せで船頭,土瓶,犬,狐,牛などさまざまな形を映しだす。江戸時代には影人形と呼んだ。切抜き影絵はこれに変化を与えるために考案されたもので,厚紙を切り抜いてつくった人形に,やはり紙製の片手を糸で結びつけたもの。…

※「影人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

影人形の関連キーワード浮世草子鳥獣影絵四迷

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android