コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役員責任査定 ヤクインセキニンサテイ

デジタル大辞泉の解説

やくいんせきにん‐さてい〔ヤクヰンセキニン‐〕【役員責任査定】

経営破綻した企業の役員の責任を査定する制度。破産法の第178条が根拠。破産管財人の申し立て、または裁判所職権により、査定のための裁判を開く。申立人は役員の責任を示す事実関係(証拠)を提出。損害賠償請求権が認められ、確定すれば、役員に支払いの義務が発生する。同制度により、役員に対する責任追及を迅速で簡易に行うことができる。民事再生法会社更生法にも同様の手続きがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

役員責任査定の関連キーワード損害賠償請求権

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android