役送・益送(読み)やくそう

精選版 日本国語大辞典の解説

やく‐そう【役送・益送】

〘名〙
① 天皇・貴人・僧侶などへの供御や、饗宴の際の膳部などを運び、給仕役に取り次ぐこと。また、その役。
※左経記‐長元元年(1028)五月三日「凡僧、以内蔵寮官人・穀倉院預以下益送
② 元服のとき、冠具を運ぶ役。〔冠儀浅寡抄(1765‐90頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android