コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大饗 たいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大饗
たいきょう

平安時代,公家によって行われた大饗宴。 (1) 毎年1月2日,群臣中宮東宮 (→春宮 ) に拝賀して禄を賜わる二宮大饗,(2) 毎年1月摂関大臣家で催す大臣家大饗,(3) 新任大臣が供応する大臣大饗などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐あえ〔おほあへ〕【大×饗】

たいきょう(大饗)

たい‐きょう〔‐キヤウ〕【大×饗】

《「だいきょう」とも》
盛大な饗宴。
平安時代、宮中または大臣家で正月に行った大がかりな宴会。二宮(にぐう)大饗大臣大饗を恒例のものとした。おおあえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいきょう【大饗】

内裏または大臣家で正月に行われた年中行事。二宮大饗,大臣大饗,任大臣大饗などがある。二宮大饗は,正月2日に二宮(后宮,太皇太后,皇太后,中宮をふくめた後宮と東宮)に群臣が拝賀した後,玄輝門の西廊・東廊で饗宴が行われた。大臣家の大臣大饗は,主として正月4日,5日に行われ,大臣家は請客使を遣わして第一の正客の尊者を迎える。尊者は親王の場合が多く,朝廷からは蘇甘栗(そあまぐり)使が甘栗などを持って来る。二宮大饗と大臣大饗は恒例の正月行事であり,任大臣大饗は,大臣に任官した者が正月私邸において行う臨時の大饗をいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおあえ【大饗】

たいきょう【大饗】

平安時代、宮中または大臣家で行われた恒例の饗宴。東宮・中宮の主催する二宮大饗と、大臣家が主催する大臣大饗とがある。また、大臣新任の際には臨時の大饗もあった。おおあえ。だいきょう。
大きな宴会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大饗
たいきょう

古代に行われた饗宴儀礼で、大規模な宴会をいう。大饗には、その主催者によって、二宮(にぐう)(東宮と中宮)大饗と大臣大饗とがあった。前者は皇族のもので、宮中で催され、後者は臣下の大饗で、それぞれの邸宅で行われた。また年始や、なにかの就任式などのときに行われる臨時の大饗、あるいは皇太后などの大饗もあった。
 正月の二宮大饗は天皇の元日節会(がんにちのせちえ)にあたる行事で、正月の2日に行われた。大臣大饗は臣下の行う饗礼としては最大規模のもので、摂関家がその象徴として有した朱器台盤もこのとき使用された。正月の大臣大饗は4、5日ころに行われていたが、しだいに遅くなり、10世紀の末からは20日以後に行われるようになった。[酒井信彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大饗の言及

【もてなし】より

…《日葡辞書》は〈人を招待などして,手あつく待遇する〉と釈している。 このように相手を招いて宴会を催し,酒食を供したうえで,引出物を贈るもてなしは,公家・武家を通じ,大饗埦飯(おうばん)などさまざまな形で行われ,饗応してもてなす側は,共食,贈与を通じて相手との人間関係を強めることを目的としていた。中世の荘園,公領では,現地に下向してくる預所,地頭,その代官,検注・内検・勧農・収納などの使に対し,三日厨(みつかくりや)をはじめとするもてなしをするのが荘官,百姓の義務であり,公事(くじ)とされていた。…

※「大饗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大饗の関連キーワード立ち作り・断ち作り大饗五郎左衛門母屋の大饗宴座・燕座大臣の大饗螺鈿の太刀大饗平十郎四分一の家甘栗の使取り食み宴穏の座大饗吉蔵庇の大饗江家次第平安時代清原業忠坂迎え楠不伝臨時客宴の座

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android