役金(読み)ヤクキン

  • やっきん ヤク‥
  • やっきん〔ヤク〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 江戸時代、幕府が遠国奉行など一部の役職の者に、役料、役扶持など以外に支給した、特別な手当金ともいうべきもの。慶応三年(一八六七)からは、幕府役人に支給される役俸を全面的に停止し、その代わりとして一定料の役金を支給するようになった。
※御触書宝暦集成‐二四・延享元年(1744)三月「御切米七拾俵三人扶持宛 三人 外役金拾両宛」
② 江戸時代、小物成を金銭で代納すること。池魚役、鳥取役などがある。役銀。
※地方凡例録(1794)五「池魚役 是は池にて雑喉を取る役金を総村より納るもあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の役金の言及

【役料】より

…なお役料は切米(きりまい)と同じく春,夏,冬の3季に米金で給与された。1867年(慶応3)に至り,布衣(ほい)以上の役人の足高,役料,役知,役扶持(やくふち)などを廃し,代りに役金を給した。【松尾 美恵子】。…

※「役金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android