彼方者(読み)アッチモノ

デジタル大辞泉の解説

あっち‐もの【方者】

外国人。
「日本の地を離れて、―とぞなりけり」〈浮・色三味線・五〉
あの世の者。死者。また、死ぬと決まった者。
「孫めが親と一緒に、―になりをらうかと悲しさに」〈浄・盛衰記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あっちもの【彼方者】

異国の人。また、別世界の者。 「日本の地をはなれて、-とぞなりけり/浮世草子・色三味線」
あの世の者。死者。また、瀕死ひんしの者。 「 -となられけんぞいとしき/浮世草子・好色万金丹」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あっち‐もの【彼方者】

〘名〙
① 外国の人。また、別世界の人。
浮世草子・傾城色三味線(1701)湊「日本の地をはなれて、あっちものとぞなりけり」
あの世の者。死者。また、瀕死(ひんし)の者。
※浮世草子・好色万金丹(1694)三「もはや玉の緒も絶果てて、あっちものとなられけんぞいとしき」
③ 敵方の者。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android