コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

征婦吟曲 せいふぎんきょく

世界大百科事典 第2版の解説

せいふぎんきょく【征婦吟曲】

ベトナムのレ(黎)朝末期に書かれた漢詩と,これを民族語に訳した長編詩。漢詩は永佑(1735‐40)・景興(1740‐86)年間にハドン(河東)のタインオアイ(清威)県の知県であったダン・チャン・コンDang Tran Con(鄧陳琨)の作で,唐代に行われた楽府の長短句形式にならった476句から成る,抑揚と変化に富む長詩。夫を戦場に送った少婦の独白で,別離を悲しみ孤独を訴え,夫の帰還を待ちわびる痛切な心情を歌っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

征婦吟曲の関連キーワード伝奇新譜宮怨吟曲

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android