征婦吟曲(読み)せいふぎんきょく

世界大百科事典 第2版の解説

せいふぎんきょく【征婦吟曲】

ベトナムのレ(黎)朝末期に書かれた漢詩と,これを民族語に訳した長編詩。漢詩は永佑(1735‐40)・景興(1740‐86)年間にハドン(河東)のタインオアイ(清威)県の知県であったダンチャン・コンDang Tran Con(鄧陳琨)の作で,唐代に行われた楽府の長短句形式にならった476句から成る,抑揚と変化に富む長詩。夫を戦場に送った少婦独白で,別離を悲しみ孤独を訴え,夫の帰還を待ちわびる痛切な心情を歌っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android