コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非情 ヒジョウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐じょう〔‐ジヤウ〕【非情】

[名・形動]
人間らしい感情をもたないこと。感情に左右されないこと。また、そのさま。「非情な仕打ち」
仏語。草木土石など、感情のないもの。→有情(うじょう)
[派生]ひじょうさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひじょう【非情】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
人間らしい感情をもたないこと。心が冷たいこと。また、そのさま。 「 -の世界」 「 -のおきて」 「 -な仕打ち」
〘仏〙 草木・山川・大地など心をもたないもの。 ↔ 有情うじよう
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

非情の関連キーワードアスファルトジャングルピエール レスキュールパーヴェル ニーリンルコント・ド・リールエル・アルコン―鷹―ハードボイルド映画軍旗はためく下に草木国土悉皆成仏五万二千ドルの罠ヘミングウェーハードボイルドワン・オラクルリッチモンド橋復讐者の悲劇武家義理物語昭和ブルース熱海殺人事件赤い影法師藤十郎の恋裸者と死者

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非情の関連情報