もの(読み)モノ

デジタル大辞泉「もの」の解説

もの[接助・終助]

[接助]口語では活用語の終止形、文語では活用語の連体形に付く。順接の確定条件を表す。…(だ)から。…ので。「ゆくゆくは社長となる人ですもの、しっかりしているわ」「彼は努力家だもの、きっと成功する」
「わしもこなさんの女房ぢゃ—、何の忠儀を忘れませうぞ」〈伎・幼稚子敵討〉
[終助]
活用語の終止形に付く。多く「だって」「でも」と呼応して用いる。現代では多く女性や子供の間で使われるが、時に撥音化して「もん」となることもある。
㋐不平・不満・恨みの意を込めながら、相手の自分に対する非難に対し、拠や理由を示し、反駁はんばく、訴え、甘えなどの気持ちを表す。「だって時間がないんですもの」「でもお父さんがそうおっしゃったんですもの
㋑(「ものね」「ものな」などの形で)詠嘆の意をこめて理由を表す。「でもあなたと私とでは考え方も違いますものね」「なるほど、それは彼のお得意だものな」
文末で、活用語の連体形に付く。
㋐逆接的な気持ちを込めて詠嘆する意を表す。…のになあ。…のだがなあ。
「我が持てる三つあひにれる糸もちて付けてまし—今そ悔やしき」〈・五一六〉
㋑順接の確定条件を含み、詠嘆・感動の意を表す。…だからなあ。
「もっともぢゃ、もっともぢゃ、道具屋の娘ぢゃ—と」〈浄・卯月の潤色〉
[補説]上代の「もの」は形式名詞から、近世以後の「もの」は終助詞「ものを」の音変化したものという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「もの」の解説

もの

日本語のもっとも基礎的な語彙の一つである〈もの〉という言葉は,幅広い意味範囲を示し多岐にわたる用い方がされている。第1にそれは知覚しうる個々の物体をさし,同時により抽象的・包括的な物象全体の称でもある。そして経験の対象である物事・事がらから,それらの蓄積としての慣習,経験より納される道理筋道を意味する。あるいは形式名詞として感嘆・希望・強調を含意させ,接頭語として理非にかかわらぬ気分・状態を示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android