コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

待宵草 マツヨイグサ

デジタル大辞泉の解説

まつよい‐ぐさ〔まつよひ‐〕【待宵草】

アカバナ科マツヨイグサ属の多年草。高さ50~80センチ。茎は直立し、葉は線形で白い脈が目立ち、互生する。夏、黄色い4弁花をつけ、夕方開き、翌朝しぼんで黄赤色になる。南アメリカの原産で、日本には江戸末期に渡来。同属には、大形のオオマツヨイグサ、小形のコマツヨイグサ、葉脈が赤みを帯びるメマツヨイグサなどもあるが、いずれも帰化植物で、河原や荒れ地にみられ、花は黄色。よく、花が白いツキミソウと混称される。よいまちぐさ。 夏》「―河原の果に落ちこむ日/鬼城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつよいぐさ【待宵草】

アカバナ科マツヨイグサ属の植物の総称。オオマツヨイグサ・アレチマツヨイグサ・ツキミソウなど。夕方開花するので、宵待ち草とも月見草とも呼ばれる。 [季] 夏。
アカバナ科の多年草。チリ原産の帰化植物。高さ約80センチメートル。夏、鮮黄色の四弁花が上部の葉腋ようえきにつき、夕方開いて翌朝しぼみ黄赤色に変わる。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

待宵草 (マツヨイグサ)

学名:Oenothera odorata
植物。アカバナ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

待宵草の関連キーワードマツヨイグサ(待宵草)イロマツヨイ(色待宵)ツキミソウ(月見草)月見草葉腋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

待宵草の関連情報