待駒(読み)マチゴマ

デジタル大辞泉の解説

将棋で、相手の王将の逃げ道を予測して、先にその道をふさぐように自分のを打っておくこと。また、その駒。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 将棋で、詰めの際、相手の王の逃げ道を予測して前もって駒を打っておくこと。また、その駒。転じて、事に備えてあらかじめする手配り。
※洒落本・娼妓絹籭(1791)自序「煙花を将棊の局面に設、娼妓の駒下踏の往来を観に、茶店に客を待棊子(マチゴマ)あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android