後下・跡下(読み)あとさがり

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐さがり【後下・跡下】

〘名〙
① 後ろの方に下がっていること。また、あとになるに従って程度が低くなっていくこと。うしろさがり。
※仮名草子・御伽物語(1678)三「其うちに亭主が声漸々(ぜんぜん)にきゆるがごとくあとさがりになる」
② 鬢(びん)の形を、後方が低くなるように月代(さかやき)をそった髪型。近世、天和・貞享(一六八一‐八八)頃に流行した風俗。うしろさがり。⇔あと上がり
浮世草子・懐硯(1687)五「厚鬢跡(アト)さがりに剃(そり)なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android