後天説(読み)コウテンセツ

デジタル大辞泉の解説

こうてん‐せつ【後天説】

人の性質・習慣・技能などを、生後の経験によって得られるものと見なす説。⇔先天説
哲学で、認識論上、生得的要素を認めず、すべてを経験に依拠して説明する立場(ロック、ヒュームなど)。後天主義。⇔先天説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうてんせつ【後天説】

人間の性質・能力・知識内容は生後に得られたものであるという考え方。 ⇔ 先天説

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android