後尻(読み)アトジリ

デジタル大辞泉の解説

あと‐じり【後尻】

後ろのほう。しり。
「総理大臣に御なりの時分は、御勝手に人民の―を御追いになるが宜(よろ)しい」〈蘆花黒潮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐じり【後尻】

〘名〙 (「あとしり」とも)
① うしろの方。しり。
※人情本・湊の月(1844‐47)前「不見未聞(みずしらず)の女が、彼様(あんな)にお前の迹尻(アトシリ)を付まはす訳もねへはな」
② 近世、吉原遊郭で張見世(はりみせ)の後方のところ。見世と勝手との間を仕切るために襖を立てたところで、張見世の時、遊女はこれを背景にして並んだ。
※随筆・洞房語園異本考異(1789頃)上「跡尻 見世と勝手の間、仕切て障子立たる所をいふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android